;

日常に疲れを感じた時人には逃げ込める場所が必要です。例えばそれは『隠れ家』という空間。

暖炉の炎を見つめながら揺り椅子に揺られグラスを傾ける。懐かしい音楽とお気に入りの本、そして心安らぐ自分だけの時間に包まれて、いつしか心地良いまどろみの世界へ・・・

totop